Wordpressでサイト運営 コラム

GA4タグの設定はお済みでしょうか?2023/7/1ユニバーサル アナリティクス(UA)終了

お役立ち情報

Googleより正式にユニバーサルアナリティクス(UA)のデータ提供を2023年7月1日に終了するとのアナウンスがされました。

すぐにGA4へ移行を慌てる必要はありませんが、今のうちからGA4でもデータを取得しておいた方が安心です。6/1までに設置をしておくと、GA4移行後に欠けることなく前年度データとの比較も可能になります。

UAからGA4へ簡単に移行する手順や、GA4で設定しておくべきポイントをご紹介します。

設置中のGoogle AnalyticsタグがGA4かUAか判断する方法

  • ブラウザーでチェックする
  • Google Analyticsダッシュボードで確認する

ブラウザーを使ってチェックする方法

運営中サイトに設置されているGoogleアナリティクスが、終了してしまうユニバーサルアナリティクス(UA)なのか、それとも後発のGA4のどちらか不明な場合でも、ソースコードで簡単に確認することができます。

ブラウザーでチェックしたいサイトを開き、ブラウザー上の画像ファイルが表示されていない部分で右クリックをします。

表示されたポップアップメニューから「ページのソースを表示」を選びましょう。


表示されたソースコードの上で、キーボードのコントロールとFを同時に押し、検索ボックスを表示させます。Macの場合はコマンドとFです。

検索ボックスに「gtag」と入力し、エンターキーを押してソースコードの中から文字列を検索します。

該当箇所の<script から始まるコード内に「id=UA-」という部分を発見したなら、ユニバーサルアナリティクスを使用中です。

<script src="//www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-00000000-1"

GAタグが設置されている場合には、id=の後の部分が「G-」となっています。

<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=G-XXXXXXXXXX"

日常のアクセス解析はユニバーサルアナリティクス(UA)で行っていても、すでにGA4も同時に設置されていることもあります。ここ1年以内にサイトリニューアルをしたり、アナリティクス設置をWordPressプラグインで行っていた場合には、すでに両方が設置されているかもしれません。そのままUAとGAを並行して使っていきましょう。

UAからGA4へ簡単に移行する手順

Google Analyticsの管理画面には、GA4への設定アシスタントが用意されています。
Googleアナリティクスにログイン後、上部の次のようなメッセージが表示されているなら、「開始」ボタンをクリックすると「GA4設定アシスタント」画面へ移動します。


または、左の管理メニュー(歯車アイコン)をクリックします。

中央にある「プロパティ」内の一番上にある「GA4設定アシスタント」メニューをクリックしても移動できます。

GA4設定アシスタント画面に移動後、「未接続」であることを確認できたら、「はじめに」というブルーのボタンをクリックします。

「プロパティを作成」をクリックし、GA4の新しいプロパティを作ります。

「接続済み」の状態になったことが確認できたら、GA4のプロパティが新しく作成され、UAと接続が完了したことになります。

GA4で設定しておくべき箇所

  • データ保存期間を14か月に変更する
  • Google シグナルのデータ収集を有効にする
  • サーチコンソールとリンクする
  • アドセンスとリンクする
  • Google広告、アドマネージャーとリンクする

GA4では、初期状態では2か月分のデータしか保存しない設定になっています。最大で14か月分保存可能ですので、設定を変更しておきましょう。

「GA4プロパティを確認」ボタンをクリックし、左に表示される「データ設定」メニューを選択し、「データ保持」サブメニューを選びます。

「イベントデータの保持」を2か月から14か月に変更後、保存しておきます。

合わせて、「データ収集」サブメニューを選び、「利用を開始する」ボタンを押してGoogleシグナルのデータ収集も有効にしておきましょう。より詳細なデータを取得することが可能になります。

ボタンクリック後に表示される画面では、「続行」と「有効にする」ボタンを選びます。

その他、サーチコンソールやGoogle広告など、使用中のGoogleサービスとリンクしておきましょう。ドロップダウンリストで一覧から選択するだけで完了します。

GA4では今までより詳細なユーザー分析が可能

GA4に移行することで、今までよりさらに細かく深いアクセス分析を行うことができるようになります。慣れるまでは大変かもしれませんが、ユーザー行動を自動で計測して予測まで行うことが可能になります。

GA4導入に不安を抱えている方は、ぜひご相談ください。

この記事がお役に立てたら
いいね ! で最新情報を手に入れましょう

Previous Post Next Post

Related Posts