コラム 自分でホームページを作ろう

Jimdo/Wix/WordPress/Strikingly他ホームページにはどれを選ぶのが正解なのか

新しくサイトやブログを始めたい方に、主に次のサービスを主にオススメしてきました。
どのサービスも、当然ながらそれぞれメリット・デメリットがあり、の目的や予算、ITに関する知識によって、最良の選択が異なってきます。

サイトやブログを作る前に目的・予算・知識を整理しよう

ホームページを作成する方法が星の数ほどある今、作る前にホームページの目的、1年後・3年後の目標、予算など、自分の考えを整理しておくことが、「こんなはずじゃなかった」ということにならない理想に近いサイトを作ることに近づきます。
自分のニーズが確認できたら、そのニーズに最も近いサービスを選んでいきましょう。

6/29【先着5名】WordPressグループレッスン開催します

 

人気のあるサイトやブログサービスの特色をご紹介

アメブロ

SNSのような繋がれる機能が魅力的なブログサービス。とにかく簡単に始められるのが最大のメリット。
読者登録機能でファンも増やしやすい仕組みがある。デメリットとしては、商用利用不可なので、アメブロ単体ではなく、AmebaOwndやJimdoなど他のサービスを利用した公式サイトとの2本立てが必要
また、SEOにさほど強くはないので、長く役に立てるような記事をアメブロに書くのはもったいないかも。利用者の多くも、日記や思いを語ったり、お知らせなど書き捨て記事が多い傾向。

「ブログもサイトデビューも初めて」という人にぴったりのサービス。アメブロに慣れてから、お仕事用の公式サイト作成とか目標10万PVブログなど次の段階へ進んでもいいかも。

はてなブログ

とにかくtwitterやFacebookなどのSNSでバズりやすいブログ。年703円のプロ版にすると、独自ドメインが設定可能。ブログメインだが、お仕事のページも作ったりすることもできる。カスタマイズもしやすいので、「WordPressはちょっと負担が重いけど、ネット集客も期待したい」という人に向いている。シェアされやすい記事を量産できる人なら、WordPressよりはてなブログの方が合っている場合も。

Twitterでシェアされたり、SmartNewsで取り上げられたり、拡散性が高いブログサービス。クリックしたくなるタイトルをつけることが得意な人なら、アメブロよりはてなブログの方が合っている。

Jimdo

操作性がWordなどMicrosoft製品に似ていて直感的に使えるので、特に女性が馴染みやすいサイト作成サービス。
HTML・CSS・JavaScriptなど専門知識が無くても、自分でどんどん更新していきたい人に最適。
無料から始められるが、無料で検索上位を狙うのは難しい。名刺代わりにサイトを利用するなら無料で十分だが、ウェブからの集客も望むならJimdoProがオススメ。年間予算11,340円。

WixとJimdoのどちらを選ぶべきか悩むところだが、Wixは高機能な分、Jimdoより難易度が上がってしまって作成に時間がかかるので、とにかく自分で短時間で楽に作りたい人向き。パソコンに慣れている人なら1時間程度でサイトが完成できる。

WordPressとJimdoのどちらを選ぶべきか迷ったら、自分で日々のメンテナンスが必要な一戸建てタイプのWordPressを維持していくか、管理費を支払う代わりに面倒なことはおまかせの高級マンションタイプのJimdoにするかは、好みで選んで問題ない。

新しいテンプレートも追加され、モリサワフォントが利用できるようになり、デザイン性も高くなった。Jimdoカスタマイズを依頼しなくても、自分で一定以上デザインレベルのサイトが作ることが可能に。

office FITPlusでもJimdoでのサイト作成サービスがありますが、まずはご自身でトライしてみることをオススメします。どうしても超えられない壁にぶちあたった時には、お気軽にご相談ください。

この記事を読んで、今までに104人の方がJimdoを選んでいます。一番人気のホームページ作成サービスです。(当事務所調べ)
Jimdo

 

Wix

Jimdoと同様にHTML・CSS・JavaScriptなど専門知識が無くても、自分好みのサイトを作ることができる。
Jimdoより高いデザイン性が最大の魅力だが、機能とできることが多い分、設置に時間が掛かる。Jimdo同様、こちらも無料プランでは検索上位は高望み。年間予算は無制限プランで15,192円。ショップ機能が必要なら19,692円。プランに応じた容量内なら複数のサイトを作成できる点は魅力。
アニメーションで動くサイトデザインが好きな人ならWixには気に入るデザインがたくさん見つけられそう。

JimdoのProプランの料金はずっと変らないのですが、Wixは少しずつ値上げしているのが気になっています。将来的に負担にならないといいのですが。

wix

 

AmebaOwnd

アメブロで有名なサイバーエージェントのサイト作成サービス。
後から算入組なので、JimdoやWix、Strikinglyのいいとこどり。簡単におしゃれなサイトを作ことが可能。
操作をしていて、たまにバグと思える動作不安定な箇所があったり、デザインや拡張性が少ないところが気になるが、無料で独自ドメインの設定ができるのは魅力。画像が揃っていれば、1時間で完成するぐらい簡単。

デメリットは、用意されているデザインが少ないので見た目がワンパターンになりがち。また、写真に頼ったデザインなので、画質の良い写真や画像が用意できないと見映えが悪くなるところ。

 

Strikingly

おしゃれで高機能なペライチ(1枚続き)のサイトが作成できるサービス。イベントやポートフォリオ、新サービスのためのサイトに最適。
年間予算は96ドル。2016/8/29のレートだと1ドル102円なので、年間予算は9,792円。円安傾向になると負担が上がるのが気になるところ。

プロ版だと年間予算192ドル。本日のレートだと1ドル102円で19,584円。ショップ機能が必要ないなら、LIMITED版の方が低予算で運営できる。LIMITED版は商品数5点までの制限あり。

Strikinglyは、よくキャンペーンをやっているので、キャンペーンを利用すると初年度はかなりコストを抑えられるかも。

決まったテンプレート内での製作となるので、具体的なサイトの構成やイメージがある人にも不向き。30分程度で、デザイン性の高いアピールサイトを簡単に作り上げたい人向け。独自ドメインにこだわらないなら無料。ペライチは無料でサイト1つしか作れないが、Strikinglyなら無制限でいくつもサイトを作ることができる。

2017/1/25から、24時間チャットでのサポート対応サービスがスタート!ますます安心して利用できるように。

この記事を読んで、今までに50人の方がStrikinglyを選んでいます。2番人気のホームページ作成サービスです。(当事務所調べ)
Strikingly

ペライチ

Strikinglyの日本語版のようなサービス。一枚のランディングページ作成が簡単にできるサービス。
英語にアレルギー反応がある方ならペライチを。無料から利用できるが、独自ドメインで集客も見込むなら年間予算9,408円。
Strikinglyと違って、無料では1サイトしか作れない。

 

WordPress

HTML・CSS・JavaScriptなどのサイト運営の知識を持つ人なら、もっとも少ない予算で高機能のサイトを運営できる。
年間予算は、ドメイン代+レンタルサーバー代で3000~15,000円前後。レンタルサーバーの容量内なら複数のサイト運営ができる。

拡張性も高く自由。デメリットとしては、保守と管理も自己責任なところ。クラッカーの攻撃を受けないよう細心の注意を払い、もしもの時には自分でリカバリーしなくてはならない。

保守を自分でしたくないなら、wpXレンタルサーバーエックスサーバーなど、予算は高くなるがWordPressに特化した充実したサポートのあるレンタルサーバーを選ぶとよい。

1人では不安な方や効率よくサイトを作成したい方向けに、マンツーマンのWordPressレッスンを行っています。

 

ホームページ作成でよく受ける相談例

新しく自宅サロンを開業した方から、このようなご相談をよく受けます。
「周りの人達はみんなJimdoを利用しているようなので、自分もJimdoを使ってサロンのサイトを作ろうと思っています。できればJimdoの無料プランでホームページ代を節約しつつ、ある程度のお客様はホームページからの集客を希望しているのですが、可能でしょうか?」
このご相談への回答は「No」になります。なぜなら、Jimdoの無料プランでは、ホームページからの集客は見込めないからです。Jimdoの無料プランを選択する人は、チラシや口コミ・アメブロなど集客のベースが他にあり、インターネット上の名刺代わりにホームページを置いておきたい人に向いているサービスです。

ホームページからの集客も望むのなら、3つの選択肢が考えられます。

①AmebaOwndで独自ドメインにする

AmebaOwndなら、無料で独自ドメインが設定できるので、必要な費用はドメイン代だけです。「.com」なら年間で1000円程度になります。SEOもさほど悪くありません。ショップ機能もBASEでお店を作ることで実現できます。

②予算を上げてJimdoProにする

無料では検索上位になることがむずかしいJimdoですが、Pro版にすることでそのデメリットが解消できます。

③知識と覚悟があるならWordPressを選ぶ

WordPressサイト運営に必要なHTML/CSS/PHP/データベース/SEOなどの知識がある方や、これから学んでいく覚悟のある方ならWordPressを選ぶべきです。もっともSEOに強くすることもでき、デザインや機能の自由度が高く低予算で運営できるからです。

ただ、自分で土地を借りて家を建てるイメージなので、ほったらかしにしてしまうと誰も管理してくれず、荒れ果ててしまいます。JimdoやAmebaOwndのいいところは、マンションの1室を借りるイメージで、管理会社がメンテナンスをしっかりやってくれるところでしょう。

この方の望みを深く聞いたところ「予算もない、ブログやホームページを作ったこともない」ということだったので、Googleサイトでのホームページ作成をオススメしました。
日本ではマイナーなGoogleサイトですが、一番の魅力は、無料で独自ドメインのサイトが運営できる点です。
安いドメインを選べば、年間予算500円以下で独自ドメインのホームページが持てます。
HTML・CSS・JavaScriptなどのサイト運営の知識がなくても大丈夫!無料なのに広告表示もありません。

そして、当然のことながらGoogleの他のサービスとの相性は抜群です。Youtubeの動画・お問い合わせフォーム・プレゼンテーション・スプレッドシート・グーグルカレンダー等が、簡単にホームページに設置することができます。

そんな魅力が多いGoogleサイトですが、デメリットもあります。
JavaScript・CSS・PHPなど一切禁止されていて利用できないのです。デザインをよりよくするためにスタイルシートに記述したくてもできません。かっこいいアニメーションをJavaScriptで表現したくてもできません。
サイト作成の知識のある人には、物足りなさを感じてしまうところかもしれません。

このご相談ではGoogleサイトが最適だったので、Googleサイトでのホームページを作成することとなりました。

JimdoやWixより、Googleサイトの方に魅力を感じる方も多いのではないでしょうか?
次回のコラムから、Googleサイトでのホームページ作成手順をご紹介していきますのでお楽しみに!

自分で、格安の独自ドメインサイトを作っちゃいましょう。

 

[amazonjs asin=”4883379337″ locale=”JP” title=”小さな会社の魅力と集客が10倍アップするホームページのつくり方”]

[amazonjs asin=”4844364561″ locale=”JP” title=”10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック”]

[amazonjs asin=”4774185418″ locale=”JP” title=”今すぐ使えるかんたん Jimdo 無料で作るホームページ改訂3版”]

この記事がお役に立てたら
いいね ! で最新情報を手に入れましょう

Previous Post Next Post

Related Posts