知っておきたいお金の話

1月中に昨年と今年の確定申告の準備を済ませよう

新しい年を迎えたかと思ったら、もう1か月が過ぎようとしています。
フリーランスの人も、会社員の人も「確定申告」という単語を耳にすると憂鬱になってしまう方も多いのでは?

フリーランスの方には、税金を納めなければならないので、憂鬱になる気持ちがとってもわかります。
会社員の方の場合は、払い過ぎた税金を還してもらうために確定申告をする人が多数なはずのに、なぜ確定申告が憂鬱になってしまうのでしょうか。

理由は簡単です。面倒だから!ただそれだけ。

そんなめんどくさい経理処理を、クラウド会計サービスの利用で今年こそ自動化してしまいましょう。まだ会計期間が始まったばかりの今がチャンスですよ!!

クラウド会計サービスとは

インターネットバンキング、クレジットカード、POSシステム、電子マネー、Amazonの通販会などのサービスをデータを連結することで、経理を自動化してくれるWebサービスです。
簿記の知識なんかなくても、勝手にどんどん経理データを作成してくれます。
自動化できない現金については、アプリでレシートを撮影するだけで入力がほぼ完了してしまうお手軽さ。経理処理を1年分溜め込んでしまうことはなくなります。自動で常に最新の状態になっているのですから。

オススメクラウド会計サービス

freee

980円/月 9800円/年

元Googleのエンジニアだった方が作られた全自動経理サービス。
簿記や会計の知識のない人にこそ、使いやすいデザインになっています。

銀行、カード、POSから全自動で経理を行うことを前提に設計されているので、自己流の使い方をしようとすると戸惑ってしまうかもしれませんが、残高がズレることがなく、同じ取引が続くと学習してくれるので使い続けることでどんどん経理の自動化が進みます。

スマホアプリの機能も充実しています。
会計データのチェックや現金レシートの取り込みまでできます。とことん経理を自由にしてくれる「Freee」が私の一押しです。
[appbox appstore appid=811207074]



office FITPlusは、Freeeの認定アドバイザーです。Freeeはサボートも充実していますが、不安な方などに導入支援を行っています。

MFクラウド会計

850円/月
Freeeとほぼ機能は同じですが、簿記の知識がある人向けの使用感になります。簿記を全く知らない人は、最初は難しいと感じるかもしれません。
Freeeと比較すると、CSVファイルの取り込める種類が多いので、勘定奉行やPCAなど他の会計ソフトからの移行が楽です。

連携サービスに、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシング、A8等のアフィリエイトも用意されているので、これらのサービス利用者なら自動で取引が取り込めてしまいます。毎週火金 午前3:00-4:00はメンテナンス時間のため使用不可。

スマートフォン用アプリを利用すると、レシートを写真撮影するだけで支出データの取り込みが可能です。

やよいの青色申告オンライン

8640円/年
今年から、あの弥生会計もクラウド経理サービスに参入です。
後発組なので、これからのサービス充実に期待したいところですね。

今なら、初年度1年間無料!


おまけ

家計簿も自動化したいならマネーフォワードがオススメです。銀行、カード、携帯電話会社、証券会社、確定拠出年金等と連携することで、自分の資産がリアルタイムで把握できるようになります。

[appbox appstore appid=594145971]

確定申告お役立ちリンク集

国税庁 確定申告作成コーナー

確定申告書等ダウンロード

確定申告書A

確定申告書B

青色申告決算書(一般用)

青色申告決算書(不動産用)

振替納税依頼書(正式名称:預貯金口座振替依頼書兼納付書送付依頼書)

青色申告申請書

E-tax用オススメカードリーダー

1)SONY Pasori S380

[amazonjs asin=”B00948CGAG” locale=”JP” title=”SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi(パソリ) USB対応 RC-S380″]
※Windowsのみ対応

2)NTTコミュニケーションズ SCR331CL-NTTCom0

[amazonjs asin=”B0012K5P02″ locale=”JP” title=”【e-tax】【住基カード】【B-CAS】対応SCM ICカードリーダー/ライター SCR3310(接触型) 【簡易パッケージ品】”]
※Windows&Mac対応

認印の作成できるサイト

Web認印
Web風雅印
Web一文字雅印

この記事がお役に立てたら
いいね ! で最新情報を手に入れましょう

Previous Post Next Post

Related Posts