Wordpressでサイト運営 コラム

おちゃのこネットで販売中の最新商品をWordPressサイトに自動で表示させる方法

法人のお客様は、【おちゃのこネット】を利用されているケースが多いのですが、おちゃのこネットに登録された新商品をWordPressサイトで自動表示する方法をご紹介します。時短でネットショップの売上UPに繋がりますよ。

おちゃのこネットの最新商品をウィジットで自動表示させる手順

大手に人気のあるネットショップのおちゃのこネットから情報を取得して、自動で最新5件の新商品をサイドバーに表示させる方法は、次の5ステップです。

  1. function.phpに指定したRSSから情報を取得する関数(base_rss_feed)を追加
  2. 1のbase_rss_feed関数をショートコード化する関数(base_rss_shortcode)を追加
  3. ウィジットでショートコードを使用可能にするフィルターを追加
  4. テキストウィジットで自動整形をするフィルターを無効化
  5. サイドバーにテキストウィジットを追加しショートコードを呼び出し

1 function.phpに指定したRSSから情報を取得する関数(base_rss_feed)を追加

2 1のbase_rss_feed関数をショートコード化する関数(base_rss_shortcode)を追加

手順1と2は、かちびと.netさんの次の記事で紹介されている「SimplePieとfetch_feed()で記事内に任意の外部RSSをショートコードで読み込む」を活用します。

コードをそっくりコピーし、自分のテーマ(テーマをカスタマイズしているなら子テーマ)のfunction.phpファイルにペーストするだけなので、簡単です。
コード内の「// 出力」部分は、自分のテーマに合わせてHTMLタグを書き変えると、デザインが統一されます。

[blogcard url=”http://kachibito.net/wp-code/display-rss-feeds-with-wordpress-shortcodes”]

3 ウィジットでショートコードを使用可能にするフィルターを追加

function.phpファイルに続けて次のコードをコピペします。これで、ウィジット内でショートコードが有効化されます。

add_filter('widget_text', 'do_shortcode');

4 テキストウィジットで自動整形をするフィルターを無効化

テキストウィジットには、自動整形というおせっかいな機能が追加されてしまったので、無効化する命令をfunction.phpファイルに追加します。

//ウィジットで自動整形しない
remove_filter('widget_text_content', 'wpautop');

5 サイドバーにテキストウィジットを追加しショートコードを呼び出し

おちゃのこネットの最新商品を表示したいところに、新しくテキストウィジットを追加し、3のショートコードを呼び出します。

[rss size="5" feed="http://おちゃのこネットのあなたのショップURL/rss/rss.php" date="true"]

size=”5″の5という数字を10に変えると、最新商品10件が表示されるようになります。
あとは、テーマや子テーマのstyle.cssファイルに、最新商品部分のデザインを整えるスタイルシートのコードを追加すると完成です。

ショートコードの「feed=」部分のURLを変えるだけで、他のサイトのRSSから情報を表示することができるので、アイデア次第でいろんな活用方法がありますよ。同じWordPressサイトなら、RSSウィジットの追加だけで簡単に表示できちゃいますし。

アメブロの最新投稿記事を画像付きで自動取得して一覧表示する

アメブロのRSSフィードのURL

http://rssblog.ameba.jp/あなたのアメブロユーザーID/rss20.xml

AmebaOwndの最新投稿記事を画像付きで自動取得して一覧表示する

AmebaOwndのRSSフィードのURL

https://あなたのアメーバオウンドのドメイン.amebaownd.com/rss.xml

上手く行かない時は、お気軽にお問い合わせください。おちゃのこネットの最新商品をWordPressサイトに表示させる機能を追加するなら、予算5,000円〜になります。

この記事がお役に立てたら
いいね ! で最新情報を手に入れましょう

Previous Post Next Post

Related Posts