コラム 知っておきたいお金の話

売上が少ない在宅ママなら経費0でも税金を65万円控除できる方法

子育てや介護のために在宅でお仕事をしているママも多いのではないでしょうか。仕事ができる時間が限られていて、売上がそれほど多くなく、さらに経費もほとんど掛からない場合、個人事業主なので税金が多く発生してしまう不安はありませんか?

家内労働者等の必要経費の特例を使えばお金を使わなくても経費計上できる

あまり知られていない税金の特例に「家内労働者等の必要経費の特例」というものがあります。この特例に当てはまるなら、節税のために無理やり経費を使うことなく、売上から65万円が控除されるので、フリーランスの在宅ワーカーだったとしても、アルバイトやパートで働くときと同じように103万円まで所得税が発生しません。

家内労働者等の必要経費の特例の条件3つ

①特定の人に対して

②継続的に

③サービスを行っている

該当するのはサービスのみで販売は不可なので、ハンドメイド作品などの販売はNGです。また、不特定多数を対象にした教室の先生も該当しません。

特定の企業や個人事業主からの仕事を受注しているWebデザイナー、翻訳者、ライター、秘書、芸能人、モデル、ブロガー、アフィリエイター、ユーチューバーなどが該当します。
仕事をセーブしていて売上も経費もが少ない年には、「家内労働者等の必要経費の特例」を活用してみてください。

家内労働者の必要経費の特例の適用を受けるための手続

[amazonjs asin=”B00V5PAJDM” locale=”JP” title=”スキルゼロ主婦がすきま時間で月10万円稼ぐ クラウドソーシングで簡単在宅ワークサラリーマンの副業やシニアにも! impress QuickBooks”]

この記事がお役に立てたら
いいね ! で最新情報を手に入れましょう

Previous Post Next Post

Related Posts