Wordpressでサイト運営 コラム

レンタルサーバーの転送量制限比較

前回のコラムで、GWのサイトダウンと改善方法について書きました。
レンタルサーバーやサイト作成サービスによって、転送量(帯域幅)の制限にかなり差があるようです。
実際に利用したことのあるサービスとレンタルサーバーを中心に比較表を作成してみました。

サービス 価格 転送量制限
Jimdo Business 11,340 非公開
Jimdo Pro 28,980 非公開
Wix コンボ 10,800 2GB/月
Wix 無制限 15,600 無制限
Wix eコマース 20,400 10GB/月
WordPress(sova) 19,800 30万PV/月
WordPress(さくら) 5,142 80GB/日
WordPress(Quiccaライト) 2,778 62GB/月
WordPress(Quiccaスタンダード) 5,445 62GB/月
WordPress(ミニバード) 6,000 無制限
WordPress(ロリポップ) 3,000 5GB/日
WordPress(ハッスルサーバー) 2,496 非公開/日
WordPress(エックスサーバー) 12,000 無制限

 

調べた結果、そこそこ画像を使いながら、それなりにアクセス数のあるサイトを運営していくなら、さくらインターネット」が最もコストパフォーマンスがよいのではないでしょうか?
次点は、転送量無制限の「ミニバード」ですが、さくらインターネットエックスサーバーと比べると、スピードがほんの少し遅いのが気になっています。SEOにも関わりますし。

そして、やっぱり、本気でサイト運営を考えているならエックスサーバーが最強みたいですね。
このサイトのPV数では、まだ高級品過ぎますが・・・

この比較表、ダウンロードするならこちらからどうぞ。(Excelファイルではおすすめタイプ付きです。)
ホームページ運用方法比較表

この記事がお役に立てたら
いいね ! で最新情報を手に入れましょう

Previous Post Next Post

Related Posts

No Comments

Leave a Reply