Wordpressでサイト運営 コラム

PHP7.1ヴァージョンアップで発生するRSS読み込みエラーを修正する方法

PHPに複数の脆弱性情報が報告されているため、WordPressでサイトを運営しているなら、使用PHPのヴァージョンの確認とアップデートが必要です。

PHPに関するセキュリティ情報

5.6.32までのPHP5.6系と、7.0.25より前のPHP7.0系、7.1.11までのPHP7.1系では、情報漏洩の可能性。
[blogcard url=”https://oss.sios.com/security/php-security-vulnerabiltiy-20171109″]

5.6.31までのPHP5.6系と、7.0.17より前のPHP7.0系、7.1.3までのPHP7.1系ではDoS攻撃の可能性。
5.6.31までのPHP5.6系と、7.0.21より前のPHP7.0系、7.1.7までのPHP7.1系ではPHPインタープリタをクラッシュ、情報漏洩の危険性。
[blogcard url=”https://oss.sios.com/security/php-security-vulnerabiltiy-20170710″]

PHP7.1へヴァージョンアップによるSimplePieエラー対応方法

早急に対応すると、外部サイトをRSSで読み込むウィジットで、下記のようなエラーが発生する場合があります。

このエラーを回避するには、WordPressがインストールされた「/wp-includes/SimplePie/Parse/」フォルダ内の「Date.php」ファイルの修正が必要です。
エラーで指摘されている694行目のコードを次のように書き加えます。

修正前コード

$second = round($match[6] + $match[7] / pow(10, strlen($match[7])));

修正後コード

$second = round((int)$match[6] + (int)$match[7] / pow(10, strlen($match[7])));

チェックが厳しくなっているので、数値として扱う場合は、数値型(int)を加えてあげてください。

また、PHPバージョン対応状況は、レンタルサーバーによって差があります。
エックスサーバーなら、PHP7.1.4まで対応しています。PHPのバージョンアップもクリックだけで完了です。

保守の手間を減らしてくれるレンタルサーバーを選んでみてはいかがですか。

この記事がお役に立てたら
いいね ! で最新情報を手に入れましょう

Previous Post Next Post

Related Posts