コラム ワークライフバランス

昔と今は起業に必要なモノは変化している!最小限の初期コストを

早いもので、いつのまにか個人事業主歴が10年以上になってしまいました。最初にフリーランスになったのは25歳の頃。もうウン10年も昔のこと。その頃と今では、起業に必要なモノや考え方が技術の進化とともに大きく変化しました。昔の感覚でコストを掛けてしまうと後悔するかもしれません。一緒に今の起業に必要なモノについてアップデートしていきませんか。

今の起業に必要無くなったもの

昔までは、フリーランスなら必需品だったアイテムも、今となっては不必要になってしまったものも数多くありますね。私が必要無くなったものは次の4つでした。

  1. 事務所や店舗
  2. 名刺
  3. プリンター
  4. 印鑑セット

事務所や店舗

都内に借りていた立派な事務所…1年前に解約してしまいました。
初回打ち合わせでその事務所に訪れてくれるお客様はとても喜んでくださるのですが、やっぱり移動時間が無駄過ぎると感じてしまったので、仕事は打ち合わせ以外ほぼ家でしています。部屋着にすっぴんで仕事しているので、なんて時短なんでしょう!

打ち合わせもITスキルがそこそこある方とならSkypeやGoogleハングアウト、Zoom等で完了してしまうことも多々あります。顔を見てお話したいお客様には、最低限のメイクをしてビデオ表示して打ち合わせを行いますが、長い付き合いのお客様とはビデオオフで、音声や画面共有だけで打ち合わせをする方が多いです。

お客様も移動する時間が短縮できますし、お互いのスケジュールが合うならば、早朝や深夜にもミーティングが可能なので日程調整も楽になりました。

ネイルやエステサロン経営の場合、店舗が必須だと思われてしまうかもしれませんが、店舗に初期コストを掛けすぎてしまうと、あなたの理想とするビジネスができなくなってしまう可能性だってあります。「資金が豊富にあるならどうぞご自由に」といったところですが、限られた資金でビジネスをスタートするなら少しでも運転資金に回したいところです。

現在では、レンタルサロンも簡単に見つけられて予約もオンラインで完了するサービスが充実しています。私自身も打ち合わせやワークショップでよく利用しているのは、インスタベースです。小さくスタートしたい方にぴったりのシェアリングサービスです。

>>>インスタベースでレンタルサロン・打ち合わせ場所を探してみる(10%オフクーポン付)

横浜のレンタルサロン

名刺

ラクスルで900円で用意した名刺も使い切れないまま、かなり残ってしまっています。最近では、名刺は催促されないと渡していません(笑。

お客様の多くが、ホームページのお問い合わせフォームかFacebook等のSNS経由でお仕事の依頼をされるので、改めて連絡先を伝える必要が無いわけです。そもそも、仕事を強制インタラプトしてくる電話というものが好きではないので名刺にも電話番号は載せてませんし…

このサイトのお問い合わせの窓口も、お問い合わせフォームとチャットを用意しています。お問い合わせフォームの入力もめんどうに感じる方は、どうぞお気軽に右下のチャットボタンからお問い合わせください。

また、サイト制作やWordPressレッスンを開始したお客様とは、Skypeだけでなく、Slack・Chatworkで専用窓口を作り、いつでも連絡がスムーズに取れるようにしていますし、JootoやAsana等で進捗管理をしています。便利なツールを使った方が、電話でのやりとりよりずっと効率的でスムーズです。その場合、事前に名刺にSlackのURLを載せておくこともできませんし、紙に書かれたURLを入力するよりクリックするだけでの方が楽ですよね。

仕事の状況や提供サービスもサイトで最新情報を確認していただいたほうがいいですし、名刺の存在意義がほとんど無くなってしまったように感じています。今までいただいた名刺は、全てスキャンしてEvernoteに登録していますが、ほとんど活用できていません。

プリンター

プリンターも子どもが使うだけになってきました。紙の年賀状を送る宛先も年々減少していってしまいまして、FacebookやLINEでの年始の挨拶が多くなりました。

また、セミナー開催時の資料も打ち合わせのレジュメも、紙での配布を辞めてしまいました。ミーティングの数日前までに資料をPDFで参加者全員に送ることで、事前に目を通していただいてより濃い内容の打ち合わせをできるようになったのです。

配布資料のPDF化は、パワーポイントでもKeynoteでもとっても簡単です。保存方法を.pdfに指定して保存するだけです。そのままパワーポイントファイルを送るより、相手のデバイスや環境を問わずに見ることができるのでPDFファイルがおすすめです。

見積書・請求書もPDFでメールに添付して完了できるお客様が多くなりました。どうしても書面で必要なお客様へも、クラウド会計システムのFreeeを利用しているので、請求書を作成したと同時に売掛金/売上の仕訳も自動で保存され、さらに請求書郵送サービスまであってかなり使いやすいです。

印刷して、3つ折りして、糊付けして、切手を貼って、投函して、仕訳して…といったルーティンワークをクリック1つで完了できます。

>>クラウド会計システムFreeeについて詳しく見てみる

印鑑セット

張り切って作ってしまった印鑑セット・・・全く使ってません。でも高かったから処分もできず…

今の起業に必要なもの

  1. ホームページ
  2. SNS
  3. カード決済対応
  4. ITスキル

ホームページ

お問い合わせやご紹介いただいたら、まず第一にホームページを検索します。今では、ホームページがオフィシャルな名刺であり、会社パンフレットなのです。

ホームページが見つからない場合は、プレスリリースやSNSから登記情報まで調べてみます。ホームページやブログで、ビジネスに対する思いや作品などを拝見できると、最初から具体的なヒアリングに繋げることができるので、製作開始までの時間が節約できたりします。

周りでも、「新しい病院やレストランを調べる時は、サイトの内容で決める」という意見の方がマジョリティになっているので、ホームページを持っていないことは、未来のお客様を逃して機会損失をしていて、ビジネスチャンスを逃していることになってしまっているのでしょう。

予算が限られているなら、コストをかけて立派なデザインのホームページを用意する必要はありません。
ただし、年間1000円前後の独自ドメインは最初から持つことが望ましいです。ネット上でのあなた専用の住所になるのですが、歴史が長いほど、多くのユーザーに必要とされるほど、ドメインの価値が上がっていくからです。ドメインを育てるためには、後回しせずに最初から独自ドメインを取得しましょう。ムームードメインなら、独自ドメインが割安で簡単に取得できます。

>>ムームードメインについて詳しく見てみる

WordPressデビューの参考になる記事一覧

SNS

インスタグラムを始め、ツイッターやフェースブックなどのSNSは、情報をリアルタイムで発信するのが得意で拡散力もあります。メールアドレスとパスワードを用意するだけなので、起業準備中だったとしても、一日でも早くアカウントを取得しておきましょう。

全部アカウントを作る必要はないですよ。写真が得意な方ならインスタグラムを、文章が得意な方ならツイッターを、友人知人の多い方ならフェースブックに集中するのです。その方が効果も印象もUPします。

女性起業家に多いのですが、SNSを全てやってるのはいいのですが、全てコピペの宣伝をばらまいているだけだったりすることも多かったりします。それでは、効果が無いどころが逆効果。広告ばかり発信するSNSに魅力は欠片もありませんから。

>>インスタグラムのサイトへ

>>ツイッターのサイトへ

>>フェースブックのサイトへ

カード決済対応

キャッシュレス化が進んでいるので、たとえ小さなお店だったとしてもクレジットカード決済対応は必須です。支払い方法に選択肢が無いと、単価の高いサービスほど問い合わせや予約をする気を失います。

Squareは、個人事業主でもクレジットカード決済を簡単に導入できるサービスです。スマートフォンやタブレットに挿してアプリをインストールするだけでクレジットカード対応できるようになりますよ。

エステ・ネイルサロンなど単価の高いサービスや商品なら、クレジットカード決済を導入しましょう。

>>Squareについて詳しく見てみる

スマホでカード決済可能なSquare導入で集客UPに

ちなみに、弊所では、クレジットカード・銀行振込・Paypalでの支払いに対応しています。ご相談内容によっては、月額自動課金や分割払いにも対応していますので、遠慮なくご相談ください。



ITスキル

ここまでITが生活の一部に染み込んでいる現状では、必要最低限のITスキルは必須になっています。全く知識がないと、相場もわからないので不必要に高いサービスを選んでしまったり、不当に値切ったりしてしまうことにつながってしまうのです。

ホームページを作れるようになったり、プログラムを組めるようになる必要なんて無いんです。ただただ、一般常識的なITの知識があるだけであなたを救ってくれるはずです。

ITの進化で起業のハードルはグッと低くなりました。数年前まではプチ起業や主婦起業がブームでしたが、今は副業兼業ブームが続いていますね。
会社員をしていても、子育てや介護で時間が限られていても、やりたかったことが実現できる世の中になったのです。無理せず、身の丈に合った持続可能なビジネスをしていきたいですね。

この記事がお役に立てたら
いいね ! で最新情報を手に入れましょう

Previous Post Next Post

Related Posts