Wordpressでサイト運営 コラム

WordPress記事のコメントを一括で無効化する方法

WordPressでのブログやサイトを運営していて、スパムコメントや教えてメールに悩まされている方はたくさんいます。サイト作成時にはコメントを許可していたけれども、コメント対応に追われて困っているなら、全記事を一括でコメントオフ設定してしまいましょう。

全ての記事をまとめて編集できるように一覧表示件数を増やす

WordPressの管理画面(ダッシュボード)で投稿一覧を表示すると、何も設定を変更していない状態では、1ページ当り20記事しか表示されません。1ページ20件表示のままでは、同じ作業をページ数分繰り返さなければならなくなってしまいます。このサイトの場合、すでに155記事あるので、初期状態のままで作業を行うと、8回も同じ作業を繰り返さなければいけません。面倒な作業は1回で終わらせたいので、一覧表示の表示件数を変更しましょう。

一覧表示の表示件数を変更するには、記事の一覧表示画面で、右上の「表示オプション」をクリックします。

上から表示オプションに関する設定欄が表示されるので、「ページごとに表示する項目数」を20から自分の記事数に変更します。このサイトの場合は155記事あるので155に変更すると、1ページで全投稿記事が表示されるようになるわけです。

「ページごとに表示する項目数」を変更したら、忘れずに「適用」ボタンをクリックして保存しましょう。

一括操作で全記事のコメントをまとめて無効化

記事の一覧表示画面で1ページで全記事が表示されていることを確認できたら、「タイトル」の左横のチェックボックスをクリックしてチェックを入れます。ここをチェックすることで、表示されている全投稿記事がまとめて全部チェックされます。

次に、タイトルの上の「一括操作」をクリックして「編集」を選択したら、隣の「適用」ボタンを選択します。

編集画面が表示されるので、コメントを「許可しない」に変更し、「更新」ボタンをクリックすると、全投稿記事が一括でコメント無効化されます。
隣のトラックバックも必要に応じて合わせて無効化しておきましょう。

この方法なら、後からまとめてカテゴリーやタグを変更したい時や、セキュリティ向上のために投稿者を編集者権限ユーザーに変えたりしたい時にも活用できます。

ノウハウ記事を載せているサイトほど、無料で個人的に教えてほしいといったコメントやお問い合わせが多くなってしまいます。ブログ記事で無料で情報を提供していても、お問い合わせやコメントに対して無料で回答できるほどヒマなわけではありませんよね。1日にいったい何件同じようなお問い合わせがあると思っているんでしょうね。対応しきれませんよね。

毅然としたお返事をしてもお仕事に繋がりそうにないなら、スルーしていきましょう。

この記事がお役に立てたら
いいね ! で最新情報を手に入れましょう

Previous Post Next Post

Related Posts