Wordpressでサイト運営 コラム

WordPressでもSEOの知識ゼロでは検索上位にはなれない

「WordPressでホームページを作れば、SEOに強いので検索上位になれる」と聞いて、WordPressでサイトを製作してみたものの、全く成果が出ないことをご相談に来られるお客様も多くいます。WordPressでサイトを作成しても、SEOの知識が全くないとメリットを活かせません。WordPressでのおさえておくべきSEOとSEO知識を無料で学ぶ方法をご紹介します。

WordPressがSEOに強い理由

Googleの検索エンジンチームの責任者であるマットカッツ氏も、講演でWordPressについて次のように語っています。

WordPress is a great choice.
WordPress automatically solves a ton of SEO issues.
WordPress takes care of 80-90% of Search Engine Optimization (SEO).

<日本語訳>
WordPressを選ぶことは非常に良い選択である。
WordPressは、SEOの多くの問題を自動的に解決してくれる。
WordPressは、SEOの80~90%に対応するようになっている。

SEO内部対策が自動でされているWordPressなら、使い方を間違えなければ、そのままでも十分SEO対策ができます。
さらに、SEOを強化するための優れたプラグインが多く公開されているので、手を加えることもさほど難しくありません。

WordPresssサイト運営時のよくある基礎的なミスと改善方法

いくらSEO内部対策がされているWordPressであっても、使い方を間違えていれば全く意味がありません。検索順位が上がらないと悩んでいるなら、よくある間違いを参考に、正しく活用できているかチェックしてみましょう。

「見出し」を見た目を整えることに利用してしまっている

ホームページやブログについての知識が全くないと、見出しを適切に使用していないことが多くあります。h1からh6までの見出しタグは、見た目を整えるものではありません。もちろん、サイトを訪れたユーザーが見やすいように見出しのデザインをCSSで整えることは重要です。

しかし、見出しの一番重要な仕事は、Google等の検索エンジンに文章の構造を正しく伝えることなのです。Google等の検索エンジンは、クローラと呼ばれるプログラムが機械的に全世界のWebサイトを渡り歩きながら、サイトの情報を収集し、検索結果に反映しています。

クローラは、サイトを目で見ている訳ではありません。Webサイトのファイルを集めているだけです。そのため、サイトの文章構造が正しく書かれていないと、クローラには伝えたいことが伝わらないのです。

見出しタグは、文章の仕組みや重要度を伝える為に使用すべきなのです。H1タグは、ページで1回だけ使用するルールになっています。WordPressの場合なら、記事のタイトルが自動的にH1タグになっているはずです。SEOの知識のない人が作ったテーマでない限り。

H2からH6の見出しタグは、本文を見やすくするために順番に使っていきます。一番大きなセクションを区切るためにH2タグを使用していき、1つのセクション内でさらに階層を分けるときには、H3、H4・・・と使用していきます。見出しタグを飛ばして使うことは控えましょう。見栄えを整えたいなら、面倒でもCSSファイルを修正するのが鉄則です。

タイトル・見出しに重要なキーワードを使っていない

見出しタグをきちんと使用していても、文章の中身がまったくわからない記事タイトルや見出しタイトルでは、訪問者にも検索エンジンにも意図が伝わりません。
アメブロ等の無料ブログサイトに多く見られますが、タイトルが「今日から8月です」「○○さんと」「うれしかったこと」と日記風だったりすることが多かったりします。日記風タイトルでは、SEOにも効かないし、続きを読みたいとも思ってもらえません。

タイトルには、記事を読んだら手に入れることができるメインテーマを書き、見出しにはそのセクションの重要な点を書くのが正しいのです。見出しだけを流し読みしただけでも、文章全体の内容をおおまかに把握できるのが理想です。そのように心がけるだけで、見出しに重要なキーワードも自動的に設定されることになるでしょう。

強調したいこと、引用に適切なタグを使用していない

文章内で強調したいことや重要キーワードをタグで囲んでいない例も多くあります。見た目上は赤字などに設定されていたとしても、正しくタグで囲んでいないとGoogleには理解されません。強調したい部分にはemタグ、さらに強調したい部分にはstrongタグを使いましょう。
bタグは、見た目の上で太字にするためのタグになります。文章の構造においての強調にはなりません。

サイトマップを作っていない

サイトマップは、ユーザーが読みたいページにすばやくアクセスできるように利便性を上げるためのページです。サイト内のページを見やすいように一覧表示させます。
WordPressなら、PS Auto Sitemapプラグインを使えば簡単に自動で作成することができます。Googleも、ユーザーの利便性の高いサイトを推奨していますので、サイトマップは必ず作っておきましょう。

XMLサイトマップを作っていない

サイトマップには、もう1つGoogleの検索エンジンのためのXMLサイトマップというものがあります。こちらも必ず作成し、Google Webマスターツールに登録しておく必要があります。
ユーザー向けのサイトマップは作成していても、XMLサイトマップを作っていなかったり、Google Analyticsは導入していてもWebマスターツールは設定されていなかったりと、SEOの観点から残念なサイトによく出会います。サイトを作ったら、Webマスターツールの設定をして、XMLサイトマップを送信しておきましょう。

XMLサイトマップは、サイト内の各ページが、より早く、漏れなくGoogleに登録される手助けをしてくれます。XMLサイトマップもWordPressなら「Google XML Sitemaps」プラグインで簡単に自動で作成できます。

SEOを無料で学ぶ時に役立つサイト

SEOの基礎がないと、後で大規模なサイト修正が必要になります。サイトを運営するようになったら、1日でも早くSEOの基礎を身に着けておくことが、検索上位になる近道であり、将来の時間を節約することにも繋がります。SEOの基礎知識をわかりやすく解説している優良サイトをご紹介します。

SEOなら「Google」に学ぶべし

SEOのことなら、本家本元のGoogleの解説サイトは読んでおきましょう。

Google検索エンジンスターターガイド

Googleウェブマスター向けガイドライン

Googleウェブマスター向け公式ブログ

マーケティングの基礎知識が丸ごと学べる「ferret」

ferretは、マーケティングの基礎をおさえることができるサイトです。SEOのカリキュラムに目を通せば、SEOの基礎が身につきます。会員登録が必要ですが、無料ですので登録して損はない充実度です。

ferret

Webマーケティングのポータルサイト「MAKEPO」

Webメディア運営者のためのマーケティング視点が学べる「MAKEPO」のSEO記事では、実践的な記事が多数掲載されています。基礎的なSEO対策が済んだら読んでおきたいですね。

MAKEPO

検索順位で上位になる為には、地味な作業をコツコツ積み重ねていくことになります。記事数が少ないうちに、SEO強化のための仕組みづくりを徹底しておくと後が楽になります。
このサイトもまだまだ不十分で修正箇所が多数あったりします。一緒にコツコツがんばっていきましょう。

この記事がお役に立てたら
いいね ! で最新情報を手に入れましょう

Previous Post Next Post

Related Posts