Wordpressでサイト運営 コラム

WordPressを自分でインストールする方法【Quicca編】

多くのレンタルサーバーが、Wordpressをクリック1つでインストールできるようになっています。Wordpressのインストール手順の解説の必要度は低くなっているのかもしれません。

ただ、レンタルサーバーの自動Wordpressインストールでは自由度が低いので
「好きな場所にインストールしたい」
「Wordpressを複数インストールしたい」
など、自由にインストールしたいのなら、自分で一からインストールする必要があります。
初心者の方でも、つまづくことのないように、Wordpressインストール手順を1ステップずつ解説していきます。

1)データベースMySQLの作成

①レンタルサーバーの管理画面(コントロールパネル)へログイン
wp1

利用しているレンタルサーバー「Quicca」の管理画面はこのようなデザインになっています。
レンタルサーバーが異なると、多少はデザインや機能が違ってきますが、ログインして最初に表示される管理画面です。
新しいメールアドレスを作ったり、ファイルをアップロードしたり、セキュリティ設定をしたりなど、ほとんどの設定はこの画面から行います。もちろん、新しくデータベースを作成したい時も、この管理画面から行います。
下へスクロールして、データベース管理メニューを探します。

②MySQLデータベースウィザードをクリック
wp2
MySQLデータベースを簡単に作成できるウィザードメニューです。

③データベース名を設定
wp3

お好きなデータベース名を設定します。サイトを訪れる人に見られることのない裏方部分なので、自由に名前を設定しましょう。
「次のステップへ」をクリックして、進みます。

④ユーザー名とパスワードを設定
wp4

作成したデータベースを利用するユーザを作成します。
このパスワードを破られると、データベースを書き換えられてしまいます。
サイトの内容や、Wordpressの設定を変更されてしまうことに繋がるので、強固なパスワードを設定しておきましょう。
強固なパスワードとは、
・他のサービスで利用していない
・大文字と小文字のアルファベット、数字、記号を組み合わせたもの
・辞書に載っているような単語、よくある名前などは避ける
・文字数は長ければ長いほどいい(せめて8文字以上)

wp5
下のパスワードチェッカーが「非常に強い」となるパスワードなら、まずは安心です。

wp6
ユーザ名とパスワードは、忘れないように管理しておきましょう。Wordpressインストール時にも必要です。
「ユーザーの作成」をクリックして、進みます。

⑤作成したユーザーの権限を設定
wp7
作成したユーザーができることを設定します。
Wordpressがデータベースを操作できるよう、全ての権限を与えておくといいでしょう。
「次のステップへ」をクリックして、進みます。

⑥データベースの作成完了
データベースが無事に作成されました。

2)Wordpress最新版のダウンロード

WordPress日本語ページで最新版をダウンロード
スクリーンショット 2014-09-07 6.39.53

下へスクロールすると、ダウンロードボタンがあります。
wp8
本日現在(2014/9/7)のwordpress最新バージョンは、Wordpress4.0になります。
「Wordpress4.0をダウンロード」をクリックして、ダウンロードします。

②Wordpressを解凍
圧縮されているWordpressファイルを解凍します。
Windowsの場合、ファイルを選んだ状態で右クリックをすると、「解凍」や「展開」というポップアップメニューが表示されるので、選択をして解凍できます。
Macの場合は、ファイルをダブルクリックすると、解凍されるので、ダブルクリックで解凍します。

3)Wordpressをアップロード

①解凍したWordpressファイルを丸ごとサーバーへアップロード
Macなら「FileZilla」、Windowsなら「FFFTP」がよく利用されているFTPアプリです。
wp9

4)Wordpressインストール

①Wordpressインストールスクリプトの実行
3でアップロードしたインストールスクリプトを実行します。
「Wordpress」フォルダにWordpressをインストールしたのなら、アドレスバーにhttp://利用しているドメイン/Wordpress/と入力してリターンキーを押します。
スクリーンショット 2014-09-07 15.14.10
このような画面が表示されたら「さあ、始めましょう」をクリックして、Wordpressのインストールを開始していきます。

②データベース情報入力
wp10
データベース情報を入力して「送信」ボタンを押します。

データベース名:1−③で設定したデータベース名
ユーザー名:1−④で設定したデータベース名
パスワード:1−④で設定したデータベース名
データベースのホスト名:localhost(localhostのままでOKの場合が多い。NGならレンタルサーバーのFAQ参照)
テーブル接頭辞:wp_(とりあえず、初心者ならwp_のままでもOK。セキュリティを高めるなら好きなものを)

③データベース接続完了
スクリーンショット 2014-09-07 15.34.07
無事、データベースへ接続が確立されると、インストール可能な画面に移ります。「インストール実行」をクリックして、インストールを続けていきます。

④Wordpressの設定
wp11

サイト名、ユーザー名、パスワード、連絡用メールアドレスを設定していきます。
入力したら「Wordpressをインストール」をクリックすると、インストールされます。

⑤Wordpressへログイン
スクリーンショット 2014-09-07 16.31.46
正常にWordpressがインストールされました。設定したユーザとパスワードでログインしてみましょう。

wp12
ログインが成功すると、Wordpressの管理画面(ダッシュボード)が表示されます。

お疲れ様でした。Wordpressインストールは完了です!

次の工程は、Wordpressの基本設定とプラグインインストールになります。
別のコラムで解説していきます。

[amazonjs asin=”4844337092″ locale=”JP” title=”いちばんやさしいWordPressの教本 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 第2版 WordPress 4.x対応 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)”]

この記事がお役に立てたら
いいね ! で最新情報を手に入れましょう

Previous Post Next Post

Related Posts

No Comments

Leave a Reply